• Momoyo

演奏会活動などのお知らせ



6月の中頃からベルギーの外出制限が徐々に軽くなるにつれ、

教会のミサでも80人でマスクをしたまま歌を歌える状況になり、

合唱も復活し、演奏会ができるようになるまで数週間しか、かかりませんでした。


「しか、かかりませんでした」


というのは。


昨年の11月から全ての音楽活動に制限がかかって、

演奏会が世の中に全く存在しない生活を8ヶ月していたのですから、

復活したのはもちろん嬉しいことです。


が、たったの数週間で、

「はい!教会のミサ、オッケー!」

「はい、合唱団、今週から歌ってください!」

「はい、コンサート、チラシはどこですかー!」

と言われても、演奏は冷凍のお惣菜じゃないのですから、

「えっ、誰がですか?どこでですか?なにをですか?」

というグローバル且つアーティスティックなカオスが

まず私の周辺を黒雲のように覆いました。


2週間、人生でこんなにメール書いて電話かけまくったことない、というぐらいの

集中的な調整を重ねた末、黒雲が去り大きな虹が出てきて…


イベントのページをついに本日、アップデートできました!


(大袈裟な)


いやー久々にやりましたよこの仕事!


すでに一つ目の演奏会は怒涛のように過ぎ去り、

今週中に印刷するべき

・ランディドルグのちらし

Affiche
.pdf
Download PDF • 113KB

・夏のオルガン講習会のちらし

Dépliant stage d'Orgue 2021
.pdf
Download PDF • 10.22MB

の2点も完成して、

あとは印刷屋さんに行き、自転車にそれを載せて町中に撒く。


そんな夏休みの始まりです。


とりあえずは、遠くに出かけにくい夏であることには変わりなく、

私はブリュッセルにいるままでできることをやっていこう。

そういう気持ちでいます。


講習会も話が出てすぐにベルギーローカルの参加者を打診したら、

やってほしい!という声が強かったので

「そうだよね、フランスとかオランダとかスイスとか、

今年はまだオルガン講習会も行きにくいかもしれないね」

ということで、地元でちゃんとやります。


日本の皆さんにも、演奏会や講習会に参加していただける日が

再び来ることを強く強く祈りつつ、


とりあえず。


健康で、

元気で、

音楽という最高のビタミンを補給しつつ、

それぞれの場所で素敵な夏を過ごせますように、

私もブリュッセルから皆さんを応援しています。


よろしければ、ここや、Facebookや、インスタグラムに、


コメントをくださいな。


(いきなり乞う。)


そうすれば、お互いに応援しあっているような気分に、

きっとなれそうです。


はーい夏休みの宿題1日目、書きました👌

ではまた明日〜

桃代












閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう日本時間では大晦日の日ですね。 さてそんな慌ただしい本日、 最新コロナ対策下の 文化行事について、 喧々諤々(けんけんがくがく) だったベルギーでは。 12月22日に出た 「12月26日から1月末まで、 コンサート類は全て禁止」 の決断を全て覆し、 「それは行き過ぎであった」 と言って以前のルールに 戻りました。 今日は30日なので、 全ての文化施設は 26日から30日の五日間、 クローズした

このサイトから、 ブログを書きにくい部分が あったのですが、 その部分が最近、 変わっていました! 自分で費用を払って 借りているドメイン内の ブログですが、 広告こそつかないけれど 自分で使いやすいように 自由にカスタマイズ できるわけでもなく。 いくつかの選択肢から、 選択してできるだけ 見やすく、シンプルに、 書けるようにしています。 ずっとアーカイブを なんとかしなくちゃな、 と思っていた

12月24日と25日は絶対書けないと わかっていたので、先に書いて予約投稿 していたのですが、26日と27日は、 書く時間があったので安心していたら、 すっかり書く機会を逸してしまいました。 宿題というのは、大丈夫、と 思った途端に進まなくなる、 正にその通りだと思いました。 26日は、一言で言うと、 クリスマスの終わった安心感が どっと出たのもあるのですが、 演奏会、演劇などが22日の発表で 禁