• Momoyo

物語としての着物


最初にリサイクルの紬を買ってみたのは

「素朴な昔の生活」

っぽい着物を着てみたかったからです。


着てみたかった、


と簡単に言いますが、

実際、着てみる、ということは

「羽織ってみる」

こととは全く違いました。


ようやく、着付けも慣れて、

着て、生活する、

着て、一日の半分ほどを暮らすことが

できるようになって気がついたことは、

着物を着ていると、

日本の昔の話を書いたり、

読んだりしていると

しっくりきます。

(特に江戸時代)


お茶碗にご飯を盛って、

おしんこにお味噌汁、

そんなささやかなご飯が

さらに美味しく感じます。


着物姿で和食のスーパーに行った話を

以前書きましたが、

あのとき私は

食糧補充という仕事以上に、

高揚感を感じていました。


「素朴な日本の生活」っぽい生活を、

現代のベルギーで過ごすということは、

これは着物に物語性を見いだしていると

いうことに他なりません。


私の頭の中で、

着物を着てしか感じられない

流れが生まれて、

些細なことがらを

つないでいき、

紡いでいき、

生活に新しいリズムが生まれます。


この間読んでいた、

「美しい着物」という雑誌の、

着物の模様についての特集では、

着物に絵柄として描かれた

物語性について言及していました。


誰が、何を行ったかというような

限定的な物語は一つもありませんが、

風景があり、

季節があり、

異国情緒があり、

慶びの表現があり、

遊びの表現がある。


着物に意味を求めるのではなく、

自分でそこに意味を見いだしてください、

と着物に言われている気がしました。


物語を語るのは、あなただよ、と。

自分の物語を生きるのは、今日も明日も自分だけですよね。


そんなことに気がついた、

2021年の終わり。


着物と出会えた記念の年です。


桃代






















閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう日本時間では大晦日の日ですね。 さてそんな慌ただしい本日、 最新コロナ対策下の 文化行事について、 喧々諤々(けんけんがくがく) だったベルギーでは。 12月22日に出た 「12月26日から1月末まで、 コンサート類は全て禁止」 の決断を全て覆し、 「それは行き過ぎであった」 と言って以前のルールに 戻りました。 今日は30日なので、 全ての文化施設は 26日から30日の五日間、 クローズした

このサイトから、 ブログを書きにくい部分が あったのですが、 その部分が最近、 変わっていました! 自分で費用を払って 借りているドメイン内の ブログですが、 広告こそつかないけれど 自分で使いやすいように 自由にカスタマイズ できるわけでもなく。 いくつかの選択肢から、 選択してできるだけ 見やすく、シンプルに、 書けるようにしています。 ずっとアーカイブを なんとかしなくちゃな、 と思っていた

12月24日と25日は絶対書けないと わかっていたので、先に書いて予約投稿 していたのですが、26日と27日は、 書く時間があったので安心していたら、 すっかり書く機会を逸してしまいました。 宿題というのは、大丈夫、と 思った途端に進まなくなる、 正にその通りだと思いました。 26日は、一言で言うと、 クリスマスの終わった安心感が どっと出たのもあるのですが、 演奏会、演劇などが22日の発表で 禁