• Momoyo

猫の心

数日間、夫の従兄弟の長男がいたので、

うちは息子ができた的な

娘は弟ができた的な

少し楽しい時間を

過ごしていました。


彼がうちでの最後の夜なので、

食べたことがないらしい

餃子を焼いていたら、

誰もいないはずなのに

うしろからすごく視線を感じて、

私は調理台から振り返った。


するとそこには猫が。


真うしろ50センチのところに

まっすぐに立って、

私の背中からじいっと

見つめていました。


ご飯をあげるのを忘れていたのだった。


そういう時、

棚に置いてあるCDを、

一枚ずつ落としたりして、

「なんか忘れてない?」

と表現してくるのが

この猫のやり方なのですが、


今日はいつもの時間を

一時間過ぎていたのに、

我慢強く私を見つめる作戦に

切り替えていました。


猫なりに、親戚の男の子を

受け入れていたのでしょうか。


そのあと私がソファにいたら、

とことこ来て、

私にお尻を向けて寝たので

「協力してくれて

ありがとうね」

と言いました(日本語通じます)。


すると、

わざわざ起き上がって、

私の方に頭を向けて

寝直しました。


それから

私の足の方に、

尻尾をばたん。ばたん。

と二回結構強く

打ち付けて来ました。


夜の会話。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

もう日本時間では大晦日の日ですね。 さてそんな慌ただしい本日、 最新コロナ対策下の 文化行事について、 喧々諤々(けんけんがくがく) だったベルギーでは。 12月22日に出た 「12月26日から1月末まで、 コンサート類は全て禁止」 の決断を全て覆し、 「それは行き過ぎであった」 と言って以前のルールに 戻りました。 今日は30日なので、 全ての文化施設は 26日から30日の五日間、 クローズした

このサイトから、 ブログを書きにくい部分が あったのですが、 その部分が最近、 変わっていました! 自分で費用を払って 借りているドメイン内の ブログですが、 広告こそつかないけれど 自分で使いやすいように 自由にカスタマイズ できるわけでもなく。 いくつかの選択肢から、 選択してできるだけ 見やすく、シンプルに、 書けるようにしています。 ずっとアーカイブを なんとかしなくちゃな、 と思っていた

12月24日と25日は絶対書けないと わかっていたので、先に書いて予約投稿 していたのですが、26日と27日は、 書く時間があったので安心していたら、 すっかり書く機会を逸してしまいました。 宿題というのは、大丈夫、と 思った途端に進まなくなる、 正にその通りだと思いました。 26日は、一言で言うと、 クリスマスの終わった安心感が どっと出たのもあるのですが、 演奏会、演劇などが22日の発表で 禁